精神保健福祉論 第3課題 第1設題(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数398
ダウンロード数12
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第三課題第一設題「社会的差別や偏見から生じる精神障害者の生活上の不利益について記述せよ」
    評価A
    【参考文献】
    「精神保健福祉論」精神保健福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「障害者福祉論」 手塚直樹 光生館
    「社会福祉小六法」 ミネルヴァ書房編集部 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第3課題 第1設題
     日本国憲法第25条において「すべて国民は、健康で文化な最低限度の生活を営む権利を有する」と定められている。しかし、今日の日本は、精神障害をもつ人にとって決して暮らしやすい社会とは言えない。精神障害をもつ人は様々な社会的差別や偏見から生じる社会的不利益を感じながらの生活を強いられている。
    では、精神障害をもつ人にとっての社会的不利益とは、具体的にどのようなものであるか。心身機能や身体的な障害は、それを補うことのできる福祉設備、用品、サービスによって解消されることも多い。しかし、精神障害者の多くは社会的偏見を受けることが多く、精神障害者であると分かると住む場所を確保することす..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。