精神保健福祉論 第1課題 第1設題(B)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数381
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第一課題第一設題「障害者基本法の成立とその意義について記述せよ」
    評価B
    【参考文献】
    「精神保健福祉論」精神保健福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「障害者福祉論」 手塚直樹 光生館
    「社会福祉小六法」 ミネルヴァ書房編集部 ミネルヴァ書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    障害者基本法は、1993年に従来の「心身障害者対策基本法」が改正・改称されて成立した法律である。
    その目的、定義、基本理念は次のように定められている。
    第1条 この法律は、障害者のための施策に関し、基本理念を定め、及び国・地方公共団体などの責務を明らかにするとともに、障害者のための施策の基本となる事項を定めること等により、障害者のための施策を総合的かつ計画的に推進し、もって障害者の自立と社会、経済、文化その他あらゆる分野への参加を促進することを目的とする。
    第2条 この法律において「障害者」とは、身体障害、知的障害または精神障害があるため、長期にわたり日常生活又は社会生活に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。