社会福祉援助技術論Ⅱ 第三課題 第一設題 12.02.21(S)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数481
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第三課題第一設題「統計調査と事例調査それぞれの長所、短所を述べなさい」
    評価S
    【参考文献】
    「社会福祉援助技術論Ⅱ」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会福祉援助技術論第二版」小田兼三 他 勁草書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第三課題 第一設題
     社会福祉援助を行うにあたっては、ニーズを知るということ、何が問題なのかを明確にすることがまず不可欠である。サービスを提供するうえで求められることは、個々のニーズを充足させることにとどまらず、ニーズに応えるために必要なサービスを整備し、運営するための計画、政策を策定することである。こうした社会福祉援助技術の間接援助技術として社会福祉調査がある。
     社会福祉調査において、収集するデータの性質による分類からみた調査には「統計調査」と「事例調査」がある。各々の長所と短所について以下に述べる。
     まずは「統計調査」とは、多数の事例の少数の側面を標準化・体系化された手法を用いて客観的..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。