社会福祉援助技術論Ⅱ 第二課題第一設問 12.02.07(A)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数382
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第二課題第一設題「認知症及び病弱高齢者に対する援助の視点と援助技術のポイントを述べなさい」
    評価A
    【参考文献】
    「社会福祉援助技術論Ⅱ」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「痴呆性老人ケアマニュアル」全国老人保健施設協会 厚生科学研究所

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     高齢者とは一般に65歳以上の人のことを指すことが多く、これはWHOの定義に乗っ取ったものである。65歳以上74歳までを前期高齢者、75歳以上を後期高齢者という。しかし、近年では65歳くらいではまだとても元気があり、現役を続けている人も多く存在する。よって、高齢者の基準年齢を引き上げることも検討されている。 だが、高齢者がいくら元気になっているからといって、体内部の衰えは避けて通れるものではなく、やはりそれなりに歳を重ねていくことにより身体的機能の低下は誰にでも起こる。また、会社を定年退職したあとの社会との関わりの希薄化が、社会的役割の喪失感を生むこともり、それは、時に心に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。