社会福祉援助技術論Ⅰ 第四課題第一設題 11.07.13(B)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数405
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第四題第一設題「人と環境の相互作用とは何か、説明しなさい」
    評価C
    【参考文献】
    「社会福祉援助技術論Ⅰ」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会福祉援助技術論Ⅰ学習指導書」聖徳大学通信教育部 川並弘昭
    「新版 家族援助の理論と方法」得津慎子 ふくろう出版

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第四課題第一設題
     人間と環境について焦点をあてて調べると、人間生態学という言葉に行き着いた。人間生態学は人間の生活と環境との関係についての学問である。これらは、エコロジーと呼ばれ、エコロジカルな発想にはソーシャルワークに示唆を与える以下のような視点がある。
     1、エコロジーは人間と環境が互恵的交互作用を営むことで調和を保つことを求めている。
     2、ストレスを前向きに受け止め、立ち向かうこと。
     3、診断、調査と呼ばれていた過程がアセスメントと呼び変えられるようになっている。
     4、生活の場を人と環境の交互作用を利用する事で整備し、生態学的適所の作成を目指す。
     5、種の保護・保存を課題とし、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。