社会福祉援助技術論Ⅰ 第二課題第一設題 10.06.29(C)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数247
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第二課題第一設題「インテーク面接では傾聴することが大事であるといわれるが、傾聴とは何か、具体的に説明しなさい」
    評価B
    【参考文献】
    「社会福祉援助技術論Ⅰ」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会福祉援助技術論Ⅰ」聖徳学園大学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     インテーク面接とはクライエントに対して最初に行われる面接のことである。インテーク面接ですべき事は、治療に関する情報を提供し、こちらの方針を示したものを合意してもらうインフォームド・コンセント。クライエントの隠れた本当の思いを明らかにし、求めている援助を行うことなどが挙げられる。
    クライエントのことをよく知るためには、まずクライエントとの間にラポールを形成することが重要になってくる。ラポールの形成により、クライエントがワーカーを信頼し、安心して思いを吐き出せる環境が作られるからである。では、ラポールを獲得するためにはどのようなインテーク面接をするべきか。以下に、インテーク面..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。