地域福祉論Ⅰ:第1課題 第1設題 10.06.08(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数547
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。 
    第一課題第一設題「地域福祉における機能的アプローチ・構造的アプローチについてまとめ、それぞれの基本的な考え方を論じなさい」
    評価A
    【参考文献】
    「地域福祉論」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「地域福祉の理論と方法」福祉臨床シリーズ編集委員会 弘文堂
    「三郷市地域福祉計画」三郷市福祉部福祉課編集 三郷市

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     地域福祉とは、私達の住む地域の障害のある人もない人も老人から子どもまですべての人が、地域での自立した生活を送ることができるよう、地域住民がお互いに助け合い共生していく社会を具体化したものである。多様な住民活動やボランティア活動・NPO活動・福祉サービス・教育・就労・住宅など、生活関連分野と連携した街づくりのために行政などの制度的な福祉サービスと、インフォーマルな地域住民によるこのような具体的な活動・サービスで構成される。このような多様な分野にわたる地域福祉の概念を整理して、とらえていくためのアプローチとして「構造的アプローチ」と「機能的アプローチ」がある。この二つのアプロ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。