障害福祉論Ⅰ第一課題第一設題 11.04.26(C)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数323
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。 
    第一課題第一設題「三つの障害者手帳について、それぞれの特徴、役割について説明しなさい」
    評価C
    【参考文献】
    「障害者福祉論」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「臨床に必要な障害者福祉」日比野清 他 弘文堂

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     身体障害者福祉法によると、身体障害者とは18歳以上で「身体障害者手帳」を所持している者のことをいう。日本の身体障害者手帳の交付数は平成21年度には、510万件を超えている。これは前年比1.5%増である。このことからも、身体障害者は年々増加傾向にあるといえる。 また、身体障害者の等級には肢体不自由者を除き6段階の階級が定められている。級数が1級~6級になるにつれて、障害の程度が軽くなるように分けられている。もし、同一の等級で2つの重複する障害がある場合は特に指定がなければ、1級上の級になることとされている。   また、肢体不自由のみ7級まで付帯されている理由は、該当する障害..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。