社会保障論Ⅱ:第2課題 第1設題 10.06.02(C)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数592
ダウンロード数21
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。 
    第二課題第一設題「日本の医療保険制度は国民皆保険の仕組みを採用しているが、あなたの加入する身近な医療保険制度をあげ、わかりやすく説明しなさい」
    評価C
    【参考文献】
    「社会保障論」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会保障の制度と行政第二版」秋元美世 有斐閣
    「厚生労働省HP」http://whlm.jo.jp
    「けんぽれんHP」http://www.kenporen.com

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第二課題 第一設題
     医療保険制度とは、加入者やその家族など(被扶養者)が、医療必要な状態になったときに、公的機関などが一
    部負担をしてくれるという制度である。我が国は、国民皆保険制度を有しており、職域や年齢などによって加入する保険制度が異なっている。この制度は大きく分けて、健康保険・船員保険・各種共済・国民健康保険・老人保健がある。ここでは、健康保険についてわかりやすく説明することにする。
    健康保険には全国健康保険協会が運営し、主に中小企業で働く人やその被扶養者が加入する全国健康保険協会管掌健康保険と、厚生労働省の認可を得た大企業が単独あるいは、いくつかの企業でグループをつくって健康保険組合..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。