社会保障論Ⅱ:第1課題 第2設題 10.06.01(C)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数508
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。 
    第一課題第二設題「介護保険において認定後受けられる給付の種類と内容をわかりやすくまとめなさい。この際、あなたの住む地域の介護保険関係の広報紙、パンフレット・リーフレット等も参照さると良い」
    評価C
    【参考文献】
    「社会保障論」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会保障の制度と行政第二版」秋元美世 有斐閣
    「WAM NET」http://www.wam.go.jp
    「三郷市HP」http://www.city.misato.lg.jp

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題第二設題
    介護保険制度は、大別して「居宅サービス」と「施設サービス」の2つに分けられるが、平成18年の改正に伴い、「予防サービス」と「地域密着型サービス」が含まれた。介護保険のサービスを利用するためには、要介護認定申請が必要である。要介護認定のレベルによって、受けられるサービスの種類と内容は次のように決まっている。
    まず、要支援1~2と認定を受けた方が利用することの出来るサービスは、在宅サービス(介護予防サービス)である。これは訪問介護員による自宅訪問によって受けるサービスで、入浴・排泄・食事等の介護等、日常生活上の世話を行う訪問介護(ホームヘルプサービス)、訪問の際に浴槽を提供して入..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。