社会保障論Ⅰ:第2課題第1設題 10.05.19(B)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数481
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第二課題第一設題「日本の年金制度を国民年金、厚生年金、共済年金の3つに分けてわかりやすく説明してください」
    評価B
    【参考文献】
    「社会保障論」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「図解わかる年金」仲尾幸村 新星出版社
    「日本年金機構HP」http://www.nenkin.go.jp

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    日本の年金制度は、大きく3つに分かれている。
    1つ目は、国民年金法で義務付けられている日本の公的年金制度である国民年金である。国民年金法は、1959年に制定され、1961年4月から施行された。国民年金制度は日本国憲法第25条第2項において「国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない」と規定される理念に基づいた制度である。日本国内に住む20歳以上60歳未満のすべての国民が強制加入し、老齢・障害・死亡による所得の喪失・減少により国民生活の安定が損なわれることを国民の共同連帯により防止し、健全な国民生活の維持及び向上に寄与する..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。