社会保障論Ⅰ:第1課題 第1設題 10.05.19(B)

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数504
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
      第一課題第一設題「日本の社会保障制度を社会保険、公的扶助、社会福祉の3つに分け、わかりやすく説明してください」
    評価B
    【参考文献】
    「社会保障論」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「社会保障入門」社会保障入門編集委員会 中央法規
    「社会保険庁 HP」http://www.sia.go.jp

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 題1設題
     わが国には、さまざまな社会保障制度がある。生活保護、社会手当、社会保険、社会福祉それぞれについて調べ、整理したことを下記に述べる。
    日本国憲法第25条において我が国は、すべての国民が最低限度の生活を得られるよう、社会福祉、社会保障および公衆衛生の向上に努めなければならないとしている。この生存権を実現するために、社会福祉六法である生活保護法というものがある。この生活保護法において、生活保護の原則が定められている。
    まず、「無差別平等の原則」があり、これはすべて国民は要件を満たす限り無差別平等に適用され、生活困窮に陥った経緯や過去の生活歴は問わないというものである。次に、資産..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。