日本国憲法:第1課題 第1設題(A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数474
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第一課題第一設題「天皇の機能について説明しなさい」
    評価A
    【参考文献】
    「憲法要説」斎藤静敬 成文堂
    「日本国憲法」聖徳大学 聖徳大学

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
    大日本帝国憲法第一条において、「大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス天皇」と定められていた。これは天皇が国家の統治権の総攬者であることを意味しており、この憲法はその天皇による統治を確認するために制定されたものであった。
    しかし、1945年太平洋戦争の終結において、我が国は『ポツダム宣言』を受諾し、大日本帝国憲法の根本的改正を余儀なくされた。
    そして、新しい理念にそって制定された民主主義的な新憲法である日本国憲法第一条において「天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴でもあって、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基づく」とされた。これにより、天皇主権を廃止しながらも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。