医学一般:第一課題 第一設題09.02(S)

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数502
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    こちらは、大学の通信教育のレポートです。個人のレポートにより、一部分だけを変更したもの、そのまま写したものは、違反になり学則において処罰の対象となります。あくまで参考程度にお願いします。
    第一課題第一設題 「わが国の公衆衛生上の問題点を提示し、その対応策について論ぜよ」
    評価S
    【参考文献】
    「医学一般」福祉士養成講座編集委員会 中央法規
    「わかりやすい公衆衛生学第2版」竹田美文他 三共出版
    「わかりやすい公衆衛生学」清水忠彦他 ヌーヴェルヒロカワ
    「公衆衛生学第二版」重松逸造 医歯薬出版株式会社

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第一課題 第一設題
     公衆衛生の定義でもっとも広く受け入れられているのはウインスローの定義である。ウインスローは「公衆衛生とは環境衛生の改善、伝染病の予防、個人衛生の原則についての個人教育、病気の早期診断と治療のための医療と看護サービスの組織化および地域社会のすべての人に共同社会の組織的な努力を通じて病気を予防し、寿命を延長し、肉体的、精神的健康と能率の増進をはかる科学であり、技術である」と定義している。ウインスローがこの定義を提案した時代は、疾病と言えば感染症が主であったが、現在は悪性新生物、心疾患、脳血管疾患、糖尿病などの生活習慣病やウインスローの時代とは異なる新興感染症が疾病の対象となっ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。