道徳教育の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数309
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価のリポートです。教諭から『テキストを深く読み、よくまとめられたリポートです。』とのコメントをいただきました。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生きる力」の育成と道徳教育について述べよ。
     「生きる力」の育成と道徳教育にはどのようなかかわりがあるのだろうか。まず「生きる力」とは、どのようなものなのかについて述べていく。
     「生きる力」とは、「全人的な力」である。「全人的な力」とは、「確かな学力」と「豊かな人間性」と「健康・体力」の3つの能力から成り立っており、「人間としての実践的な力」(知・徳・体のバランスのとれた力)であり、「生きていくための「知恵」」のことだ。「確かな学力」と「豊かな人間性」と「健康・体力」という3つの能力を詳しく述べると、「確かな学力」とは、知識・技能に加え、自分で課題を見つけ、自ら学び、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力である。次に、「豊かな人間性」とは、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心である。そして、「健康・体力」とは、たくましく生きるための健康や体力である。
     では、生きる力を生命力、生活力、人間力としたときに、それぞれどのような背景をもとに必要とされてきたのかについて述べていく。
     まずは生命力について述べる。今日、子どもたちの体力は低下を続..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。