特別活動研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数227
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    『特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明していください。』のリポートです(A評価)。私は、活動例を入学式にしています。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明してください。
    初めに、特別活動の目標について述べていく。
    小学校の特別活動の目標は、学習指導要領第6章の第1「目標」には、「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、自己の生き方についての考えを深め、自己を生かす能力を養う」と示されている。旧学習指導要領の目標との違いは「人間関係」、「自己の生き方についての考えを深め、自己を生かす能力を養う」という文言が新たに加えられた点である。
    目標の意味を分析すると、次のような観点から5つの文節に分かれることが考えられる。
    1つ目の文節「望ましい集団活動を通して」は、指導原理(方法原理)である。2つ目の文節「心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り」は、個人的な資質の育成である。3つ目の文節「集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする」は、社会的な資質の育成である。4つ目..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。