S0101 教育原論 設題①

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数195
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    A評価のレポートです。『設題の主旨に合致したよいレポートです』との、コメントをいただきました。参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ペストロッチーの教育学(直感の原理など)について考察せよ。
     はじめにペスタロッチーの生涯を述べていく。
    ペスタロッチーは、1746年スイスのチューリッヒで生まれた。ペスタロッチー一族は、市長を出したことのある一族であり、都市チューリッヒの名望家層に属していたが、彼の生家自体は、医者であった父が早く亡くなったこともあって、経済的には必ずしも恵まれていたとはいえなかった。祖父の影響を受けて、貧しい人々の救済のために働く牧師職につくべく、当時のチューリッヒの唯一の高等教育機関であったカロリヌム・コレギウムに1763年に進学するが、愛国主義的な運動に関与し、1769年それに絡んだ政治事件に連座して、退学に追い込まれる。その結果、1769年農業改革による人々の救済を目指し、農民となることを決意する。ミュリンゲン村のノイホーフに農場を購入して農場経営を試みたものの、経営的に行き詰る。このとき、苦境にあった彼に手を差しのべたのが、重農主義の論客であるイーゼリンだった。イーゼリンの勧めで、ペスタロッチーは著述業に転じる。人が人として生き成長していくために理想的と思える人と境遇のあり方を、短いアフォリ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。