教育相談の研究

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数189
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    リポートA判定!!リポートのポイントを述べているので、ぜひ参考にしてください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    学校カウンセリングの意義、方法および今後の課題について述べなさい
     今日児童の学校生活の問題で、不登校、いじめ、自殺、非行、学級崩壊など様々なものが多々取り上げられている。こういった問題を抱える児童たちは非常にしんどい心理状態にあり、その上体は自分自身でもよくわからず、したがってどうやって抜け出したらいかすらわからないまま、苦しんでいるのである。また家族機能の脆弱化が進み、学校生活での基本的な生活習慣、態度がまったくできていないというケースが増えている。まずは勉強を教え指導していく以前に、基本的なしつけや基本的な対人関係がもてない子どもたちに対し、なんとか学校に来られるように、また自分の席に座り授業を受け、普通の大人や同世代との対人関係がもてるようにかかわっていけるようにする必要があると思う。このような子どもたちに対して、学校生活や授業を指導していくには、かなり深いレベルでの心の理解とそれに基づいたかかわり、対応が必要である。そこにおいて、カウンセリングの理論や方法というものがかなり有効になると思われる。
     私たちの心の中には三重の構造すなわち、本来あるべき自分の姿、すなわち理想の姿を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。