終末期における患者への援助

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数1,554
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    人生の終末期における受け持ち患者への援助
    終末期には、痛みやそのほかの症状コントロール、精神的な支援、緩和治療を行う。私は、終末期にある患者様に対しては、疾患による痛みや症状のコントロールも大切であると考えるが、まずは患者様本人の意思が大切ではないかと考える。患者様本人が残りの人生をどう生きたいか、どのように過ごしたいかという思いをまず傾聴することが、その後の患者様に対する援助につながるのではないかと考える。
    その例として、延命治療がそれになるのではないかと考える。終末期においては、延命治療を受けるか、受けないかを患者様や患者様の家族に選択をゆだねることになる。医療従事者は、患者様や家族の意向..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。