⑥糖尿病フットケアについて

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数647
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    糖尿病フットケアについて
    糖尿病性合併症とは
     糖尿病発病後,コントロール不良の状態が長年続いていると,糖尿病に特有な合併症が出現してくる.とくに重要な合併症は,糖尿病性網膜症(diabetic retinopathy),糖尿病性腎症(diabetic nephropathy),糖尿病性神経症(神経障害)(diabetic neuropathy)で,これらを糖尿病の三大合併症といっている.
     網膜症と腎症は,糖尿病性細小血管症といわれ,毛細血管を主体とする細い血管に病変が生ずるものである.好んで網膜と腎糸球体が侵される.神経障害は,全身に分布する神経が糖尿病的代謝にさらされた結果,種々の障害を生じるものであるが,血管障害の関与も重視されている.
     神経障害を基盤に,循環障害や感染が絡み合って,小病変から潰瘍や壊痕を起こすことがある.壊痕は治癒しにくく,油断をすると切断という不幸な結末を招きかねない.とくに神経線推の長い下肢末端に病変が多いのが特徴である.
    主な足病変とケアのポイント
    ✡感染症✡
    糖尿病患者の足は感染を起こしやすい.また,一度感染すると治りにくく,重症化しやすい.靴ずれ,..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。