④地域連携について  事前学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数12
閲覧数554
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    地域連携について
    制度について
    ✡老人医療対策(老人保健法)✡
     老人保健法は先に制定されていた老人福祉対策が医療保障に偏りがちであったことから、疾病予防や健康増進を含む総合的な老人保健医療対策を推進し、国民全員で公平に老人医療費を負担するとうい見地に立って制定された。老人保健法の目的は、国民の老後における健康の保持と適切な医療の確保を図るために、疾病の予防、治療、機能訓練などの保険事業を総合的に実施することである。そして、国民自らが自助と連帯の精神の基、老人の医療を公平に負担し、国民全体が老後の適切な保健医療サービスを享受することができることを基本理念としている。この法律は1983年に施行されたが、高騰する老人医療費など多くの問題が残され、その後1986年、1991年、1994年、1995年、1997年、2000年と法律の改正を行い、その時々の時勢に応じて内容が変化している。老人保健法によって定められた保険事業については表1に示すとおりであるが、以下の6事業があり、市町村が実施主体となっている。老人医療の対象は70歳以上の者および65~70歳未満の寝たきり老人などで、そのほかの保険事..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。