老年期 事前学習

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数31
閲覧数1,687
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    *1.老化現象*
     「加齢」とは、生物学的・心理学的・哲学的な視座からの概念であるといわれているが、特に生物学的な概念として用いられていることが多い。「生物体が年齢をとる過程で自然におこるすべての変化の総体である」として定義されているものもある。
     これに対して「老化」を広辞苑では「年をとるにつれて生理機能がおとろえること」と定義し、エイジング大事典では「一時的、二次的老化」に分けて説明している。すなわち「一時的老化とは生物体に固有のものであり、したがってそれは生得的または遺伝子的要因によって決定される。二次的老化とは環境における敵対的な要因、特に外傷や伝染性の病気によってもたらされる欠陥や障害を意味する」とされ、「老化は、寿命の最終局面に限られるのではなく、生物的老化は累積的である」ともしている。一時的老化は生理的現象であり、二次的老化は病的現象といえる。一方、「生涯を通して生じる加齢の全 過程の最終期」とする定義もある。いずれにしても加齢過程の最終段階で生じる身体的・心理的・社会的変化をさして「老化」とされているようである。一般的には「老化現象」などに熟語化されて用いられることが多..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。