気分障害

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数489
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ● 気分(感情)障害 ●
    躁うつ病は気分や感情に変調をきたす疾患であり、統合失調症とともに二大内因性精神病の一つ。
    DSM‐Ⅳで気分障害という診断名が用いられることになり、躁状態やうつ状態で厳格や妄想が見られる場合も気分障害に含めることになり、躁状態やうつ状態で幻覚や妄想が見られる場合も気分障害に含めることになった。(現在の臨床現場では気分障害よりは躁うつ病の診断名が用いられることが多い。)
    患者は気分の制御感を失っていて、主観的に強い苦痛を経験する特徴がある。
    (気分とは内的な主観的な感情であり、喜び、悲しみ、怒り、抑うつなどの感情として表現されるものであり、健康な者は気分や感情を制御していることを自覚しているもの。)
    躁状態あるいはうつ状態を呈している病の期間を「病相」または「病相期」という。
    気分障害はうつ病相と躁病相がある。
    うつ病相の特徴は抑うつ気分や意欲の低下、活動性の低下である。
    躁病相は気分の高揚や多幸感、活動性の亢進を特徴とする。
    病相の現れ方や症状の程度から、うつ病相と躁病相を繰り返す双極性と、うつ病相か躁病相のどちらかのみを繰り返す単極性がある。
    うつ病相のみを病..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。