透析見学実習で学んだこと

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数2,913
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    透析見学実習で学んだこと
    血液透析とは、血液を体外に導いて循環させ、人工透析膜を介して、直接血中から溶質と水を除去する方法である。透析は人によって違いはあるが、1回4時間、週に2~3回施行されている。
    この見学で最初に気になったのは、ベッドに寝たままでも体重が測れることである。体重をはかることは、透析を受けている患者にとって必要不可欠なことである。しかし透析を受ける人すべてが体重計にのれるわけではないので、工夫されていると感じた。また隔離室が存在し、そこは感染をしている人が入ったり、また逆に感染を予防しなければならない人が入ったりと、どちらにも対応できるようになっていた。付属病院ではベッドが5..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。