老年Ⅱ 高齢者の特徴を踏まえた継続看護のあり方

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,747
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    老年看護学実習Ⅱ
    高齢者の特徴を踏まえた継続看護のあり方
     今回、地域連携室の見学や外来に通院されている患者様を受け持たせていただくことで、在宅において生活されている患者様は疾患や老化によって日常生活に何らかの影響を受けており、そのなかで自己管理をしながら過ごされていることがわかった。
    高齢者の特徴として、老化に伴い身体的機能や認知機能の低下など全身状態にさまざまな変化を及ぼしている。そのことにより、体力や筋力の低下が生じ転倒しやすくなったり、社会性の低下が生じたりすることが実際にわかった。文献によると1)、「老化に伴う健康上の諸問題は身体機能の変化にとどまらず精神的な変化、社会的役割・機能の変化に影響を与える。高齢者の健康が障害され諸臓器の機能障害や外傷を起こすと、急激な行動制限をきたし、老化を早め、それが他の疾病を誘発する危険がある。予備力の低下、防衛反応の低下が回復力を遅らせ慢性化、長期化し、さらに二次的障害を引き起こすことも少なくない。」とあり、身体面だけではなく、精神面や社会面も障害されるということがわかる。また、1つの疾病から他の疾病を引き起こす恐れがあることや慢性化、長期..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。