テーマ:基礎保健学を受講し学んだこと

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数263
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考になるかどうかわかりませんが
    使える方はつかってください(>_<)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    テーマ:基礎保健学の講義を受講し学んだこと
    *公衆衛生学の基本的概念について
     基礎保健学を学ぶにあたって、基盤となる公衆衛生の理念について、今まではあまり理解できていなかった部分も含め、理解を深めることができました。公衆衛生の理念で大きなベースの、ウィンスローの定義や、オタワ憲章におけるヘルスプロモーションなどの、基本的な概念から学ぶことができました。今後の学習にも、いろいろな範囲で今回学んだことを活用していけられるように、自分でもう1回学習を深めたいと思います。
    *我が国の疾病構造の変遷と現在の問題点について
    授業で、日本の疾病構造の変遷についても学ぶことができました。昭和20年代以降、結核による死亡が大きく減少して、日本の死因構造の中心は感染症から生活習慣病に大きく変化しました。昭和40年代以降は、脳血管疾患は高血圧対策が効を奏して、着実に減少してきました。その一方で、心筋梗塞を中心に心疾患は増加し続け、現在第2位となっています。悪性新生物(がんなど)は増加し続け、1981年以降は第1位となっています。現在の日本の問題点は、食の欧米化などにより、メタボリックシンドロームや生活習慣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。