小児Ⅱ 事前40

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数40
閲覧数1,176
ダウンロード数20
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    参考になるかどうかわかりませんが
    使える方はつかってください(>_<)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1.小児の身体計測、およびバイタルサイン測定について
    身体計測
    【身体計測の目的】
     子どもの発育・成長を知るだけではなく、衣服を脱がして観察することで、身体の動きや皮膚の状態なども含め、身体全体が観察でき、栄養状態の把握や以上の早期発見となる。
    【身体計測の留意事項】
    ・医療器具による事故を防止し、インフルエンザなどの感染性の病気を持つ子どもと他の子どもを分けることで、院内感染を起こさないなど、子どもの安全に留意する。
    ○身長○
    <目的>
     発育状況の評価のために定期的な身長計測が行われる。病児であれば、体重とともに投薬量の算定の目安となる。
    ・小児の骨格や筋の成長・発達状態、身体のバランスを評価する
     ・栄養状態の評価
     ・疾病や異常の早期発見、治療効果の判定
    <身長計の種類および代用品>
    ・テーブル式身長・体重計 ・乳児用身長計 ・成人用身長計 
    ・座高上下肢長計     ・メジャー
    <実施方法>
    子どもの年齢や身体状況に合わせて、適切な身長計を選択する。
    使用物品を整え、室温を調整してから、衣服や靴、靴下を脱がせる。新生児や乳幼児など、より正確に計測する必要があるときにはおむつ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。