中心静脈栄養について★

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数11
閲覧数349
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

           *2.中心静脈栄養について*
    ①化学療法の目的、観察、副作用および治療の評価方法
    ●化学療法の目的●
    化学療法とは、抗がん剤を用いて、がん細胞の分裂を抑え死滅させ、それによってがんによる症状の緩解、生存期間を延長させ、QOLを向上させることである。目的は、疾病からの治癒、疾病のコントロール、症状の緩和、予防的処置などである。
    ○化学療法の特徴
    ・抗がん剤を計画的・組織的に使用する治療法である。
    ・単一治療として行われるほか、また他のがんの治療法と合併して行われる。
    ・抗がん剤は細胞組織に影響を与え、正常な細胞、がん細胞の両者に影響を与える。正常細胞へ作用した結果、副作用として有害反応があらわれる。
    ・化学療法の選択決定は、がんの病理学的検査結果、治療効果が期待されるタイプ、患者の状態、患者の薬剤に対するアレルギー、薬剤的作用、効果、入手の可能性、患者の求めるQOLなどによりなされる。
    ・抗がん薬は、単剤で投与する方法と数種類の抗がん剤を併用して投与する方法がある。
    ・がん化学療法は外科療法や放射線療法のような局所療法と比較して、確実に腫瘍を縮小することは難しい。
    ●観察●..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。