一次的気道吸引★9ページ事前

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数424
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    事前学習です。
    参考になる方はどうぞご参照ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    *3.一次的気道吸引*
    ①肺がんの病態生理、治療とその副作用、身体上の観察
    ●肺がんの病態生理●
    肺がんは、気管支から肺胞までの内側の粘膜(上皮)および気管支粘膜線などの細胞が正常の機能を失い、無秩序に増えることにより発生する。周囲の組織や器官を破壊して増殖しながら他の臓器に広がっていく。
    肺がんは、組織型から非小細胞がんと小細胞がんに分類される。
    ○がん細胞の組織型による特徴
    非小細胞がん
    *扁平上皮がん…肺がんの40%ほどが扁平上皮がんで、肺門部に多く発生する。
            がんが気管支粘膜表面に露出し、がん細胞が痰に含まれるので、痰を検査することで比較的早く発見できる
            縦隔や胸膜に直接浸潤するが、遠隔転移は少ない。
            発生率は、男性10に対し女性1と、圧倒的に男性に多い。
    *腺がん…肺がんの40%ほどが腺がんで、肺野部に発生し、細い気管支を取り巻くように進行する。
         胸膜に移転しやすく、胸水を生じる。
         血行性・リンパ行性の遠隔転移もみられ、悪性度が高い。
         発生率は、男性2に対し女性1と、比較的女性にも多くみられる。
    *..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。