4 TPN  中心静脈栄養  事前

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数23
閲覧数580
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    事前学習です。
    参考になる方はどうぞご参照ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    4、中心静脈栄養 
    (1)化学療法の目的、観察、副作用、および治療の評価方法
    化学療法とは、感染症に対して、生命に著名な障害を与えることなく病原体のみを選択的に障害するような化学物質を使用する治療法をいう。このうち微生物によってつくられ、生物相互間の拮抗作用を応用した抗菌剤を抗生物質という。
    ○目的○
    ・疾病からの治癒         ・症状の緩和
    ・疾病のコントロール       ・予防的処置
    ●がん化学療法の進め方
    1、検査と診断
    ・生検による組織診断、細胞診、画像診断などによって全身への広がりを把握する。
    ・内視鏡による局所診断、骨髄検査、腫瘍マーカー検査などを行う。
    ・病名と時期を確定する。
    2、全身状態の把握
    ・化学療法の適応は疾患側の条件と患者側の条件により決まる。化学療法が有用な疾患であることが決定したら、次に対象患者が化学療法をおこなう条件を満たしているか知る。
     症例選択の条件
    ①組織学的(細胞学的)に悪性腫瘍と立証されている。
    ②根治的手術などで治癒させうることが不可能である。
    ③十分な実質臓器機能が保持されている
     (1)白血球数≧4000/m㎥
     (2)血小板数..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。