3吸引 事前 17ページ

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数17
閲覧数540
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    事前学習です。
    参考になる方はどうぞご参照ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    3、一時的気道吸引
    (1)肺がんの病態生理、治療とその副作用、身体上の観察
    ○肺がんの病態生理○
     肺癌は、近年男女ともに増加する傾向にあり、男性の癌による死亡数では第1位である。早期発見が難しいうえに転移が速いため、各種臓器癌のなかでも治療が難しいものの1つである。
    肺癌の発症は、喫煙との関係が深く、発癌物質が存在する職業的環境や大気汚染などの関係も指摘されている。
    肺癌は4つの組織型に分類される。それらの特徴を理解することが大切である。
    肺がんは浸潤・転移能が高い。肺門型では気管支の閉塞により閉塞性肺炎、肺化膿症が縦隔に浸潤し、上大静脈症候群や反回神経麻痺によるさ声も起こる。(声帯麻痺のため)
    肺野型では癌性胸膜炎を、肺尖部に発生した癌は胸壁・上腕神経に浸潤しパンコースト症候群を生じる。リンパ管を伝わって肺全体に広がる癌性リンパ症も生じる。血行性転移は肺、副腎、肝、脳、骨に多い。また症状の発現は遅く、咳そう、喀痰が現れるとすでに胸部X線で鋳型あるいは円方の陰影が認められ容易に発見される。これに対して肺門型では早期に咳そう、喀痰が見られ、精密検査が必要となる。肺門型は気管支狭窄や閉塞..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。