小児看護学実習Ⅰ *事前学習*

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数9
閲覧数1,310
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    事前学習です。
    参考になる方はどうぞご参照ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児看護学実習Ⅰ ~小児の成長・発達について~
    ●成長・発達の一般的原理
    (1)成長・発達は大部分秩序正しく一定の順序で進む
      ・頭部から身体の下部へ(頭→尾方向)
      ・身体の中心部から末梢部へ(近→遠方向)
    (2)成長・発達は連続的ではあるが、つねになめらかで漸進的なわけではない
    (3)ある器官やある機能の成長・発達には決定的に重要な時期がある
    ●エリクソンの発達段階と発達課題
    a)基本的借頼の獲得と不信の克服(0~1歳3カ月)
    第1段階の発達課題は「基本的信頼の獲得と不信の克服」である。
    この世に生を受けた新生児は、親から日々与えられる身体的安全と精神的安全、相互作用によって母子関係を成立し、情緒的安定を得ていく。その結果、自分自身への信頼が育ち、新しい経験が可能となる。
    この時期の子どもの入院、生活環境の変化、母子関係の中断は、母性喪失、分離不安、基本的不信といった発達課題上の問題をまねく。
    b)自律感の獲得と恥・疑惑の克服(1歳3カ月~3歳)
    第2段階の発達課題は「自律感の獲得と恥・疑惑の克服」である。
    トイレットトレーニングに代表される社会化の圧力を通して生じる心理的危機..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。