4在宅ターミナルケアにおける看護師の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数728
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    事前学習です。
    参考になる方はどうぞご参照ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ●4在宅ターミナルケアにおける看護師の役割
    *疼痛緩和への援助を行う。
    *家族の在宅療養に対する自己効力感を高める援助を行う。
    *療養環境の調節を行う。他職種とも連携をとる。
    *家族の在宅療養における満足感を高める援助を行う。
    *QOLの維持・向上を目指した援助を行う。
    *患者中心のケアリングを行う。
    *患者の話を傾聴し、共感する。
    *意思決定のためのインフョームドコンセントにおける援助を行う。
    *ターミナル期の治療選択における意思決定を支える援助を行う。
    *安心・信頼感のある援助を行う。
    *患者や家族へ精神的にも援助を行う。
    ●5在宅ターミナルケアにおいて、高齢者である場合にとくに配慮すべき点
    *精訪神状態のアセスメントをする。
    高齢者の認知に変化が生じたとき、療養者や家族介護者に気分障害(主にうつ病)を疑う必要がある。会話や日常生活技術の変調などから把握する。
    *バイタルサインのアセスメントをする。
    *神経系のアセスメントをする。
    訪問看護を続けているうちに、療養者に脳神経系の異常を疑わせる症状をみることが少なくない。家族から、普段との違い、生活状況の変化などの話を聴き、それを参考..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。