心筋梗塞 事前8ページ

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数573
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    事前学習です

    参考になるかどうかわかりませんが
    使える方はつかってください(>_<)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■心筋梗塞
    心筋梗塞とは、心臓に血液を供給する冠動脈の狭窄・閉塞によって心筋が壊死してしまう疾患である。わが国の死因の第2位は心疾患であり、その半数を心筋梗塞を含む虚血性心疾患が占めている。急性心筋梗塞の死亡率は、人口10万72.7である。心筋梗塞の治療である冠動脈バイパス術の件数は20,095例である。
    病態
    冠動脈の閉塞によって心筋が壊死し、心臓が正常に収縮できなくなって著しい血行動態の障害をもたらす。その結果、不整脈、急性左心不全、心原性ショックなどを引き起こす。
    心筋の障害の程度や症状は冠動脈の閉塞部位によって異なる。
    急性心筋梗塞は、発症から医療機関での治療までの時間・対応が予後を大きく左右する。速やかな高速部位への血流の確保が重要である。
    原因
    冠動脈が血栓などで閉塞して起こる。冠動脈の動脈硬化によってできた血管内膜の粥腫(コレステロールなどがたまった部分)が破れ、これを修復するために血小板や血液凝固系が働いて血栓が生じる。
    血栓によって血流がかなり障害されると狭心症に、完全に閉塞すると心筋梗塞になる。
    心筋梗塞の原因である動脈硬化の要因として、喫煙、食事に起因する生活習慣..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。