【佛教大学 通信課程 2015】  S0615家庭科概論 第1設題レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数467
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本稿作成者は全課程修了済です。 
    基本的にはテキストの内容をまとめていますが、 一部参考資料等からの抜粋、私見を含みます。 
    ※設題内容をご確認の上ダウンロード願います。 
    ※コピペ提出の危険性を十分ご理解の上で参考資料としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0615 家庭科概論
    第1設題 
    自分自身の生活の中で改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。
    以下では、自分自身の生活の中での課題として「食生活」を取り上げ、問題点、改善点、実践した上での考察を述べる。
    (学びを得たテキスト・新版家庭科概論:第3章P42〜P87)
     まず、食生活の現状と課題について考察する。我が国の食生活は、「食べられたらよい」という時代から、食品の工業化、平和と経済的繁栄、サービス産業化により目を見張るように豊かになり、「飽食」の時代となった。生活が豊かでなかった時代には、食事といえばほとんどが家庭の中で調理して食べるものであった。しかし、現代のように豊かになると持ち帰りのすしや、弁当、おにぎり、惣菜などの調理食品や加工食品、インスタント食品、レトルト食品、冷凍調理食品の消費が増え、家庭で調理をする機会・必要が少なくなってきている。一方ではレストランやそば屋、すし屋などでの外食の機会も増加し、家族でレジャーをかねて外..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。