【佛教大学 通信課程 2015】  S0606美術概論Ⅰ 第1設題レポート

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数400
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本稿作成者は全課程修了済です。 
    基本的にはテキストの内容をまとめていますが、 一部参考資料等からの抜粋、私見を含みます。 
    ※設題内容をご確認の上ダウンロード願います。 
    ※コピペ提出の危険性を十分ご理解の上で参考資料としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0606 美術概論Ⅰ
    第1設題 
    本リポート(全4枚)は、以下に示す2部構成として作成する事。
    【1・2枚目】テキスト・第2章「1節 目標」「2節 内容と構成」(p.13~p.22)を要約し、平成20年版小学校学習指導要領・図画工作について解説する事。
    【3・4枚目】平成20年版小学校学習指導要領(第1設題における記述)にはどのような意義があるのか、また、その意義を具体化するにはどのような事に配慮すればよいのか、自身の主張を述べる事。その際、必ず「生きる力」「評価」について言及する事。引用を行う場合は「第2設題の留意点」に示された方法とする事。
     まず、図画工作科の目標について述べる。これまで、教科目標は学習指導要領の改訂のたびに変わって来た。現在にも続く「表現及び鑑賞の活動を通して」という形が昭和52年に設けられて以降、平成元年には「表現のよろこびを味わわせ」という文が、平成10年以後に「表現と鑑賞の活動を通して、つくりだす喜びを味わう」に変わって来ている。これは、学校教育以降においてもしばしば見られる、絵が「うまい、へた」という曖昧な一つの基準による美術に対するコンプレックスをも..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。