【佛教大学 通信課程 2015】  S0106教育社会学 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数295
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本稿作成者は全課程修了済です。 
    基本的にはテキストの内容をまとめていますが、 一部参考資料等からの抜粋、私見を含みます。 
    ※設題内容をご確認の上ダウンロード願います。 
    ※コピペ提出の危険性を十分ご理解の上で参考資料としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0106 教育社会学
    第2設題 
    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べてください。
    1.学力低下とは何か
    近年、学力低下に関する議論が盛んに行われており、「学力低下論争」「学力低下と教育改革」「◯◯ができない大学生」「階層間格差」「学力崩壊」などといったセンセーショナルな声が批判を呼んでいる。もちろん、学力低下自体は昔から様々な形で繰り返し議論されて来た事であり、真新しい事ではない。しかし、具体的な国際比較や時系列的なデータが示されたのと同時に、現場で教育に携わる関係者の実感にフィットした事がこれだけの議論を呼ぶ直接的なきっかけになったと考えられている。文部科学省はこの反響の大きさを考慮して、再び学力向上へ向けて舵を切ったと言われている。また、学力低下といってもその捉え方は一元的なものではない。一般に思われているよりも、遥かに深いレベルの議論が展開されており、学力とは何か、学校とは何か、公教育とは何か、といった根本的な問題を通じてこれからの時代の社会システムのあり方を巡って論争が展開されているのである。そこで、まずは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。