【佛教大学 通信課程 2015】  S0104教育方法学 第2設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数490
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0104 教育方法学
    第2設題 
    知識基盤社会において、教師が経験に基づきながら、自らの教育技術や判断力を高めるための効果的なICTの活用方法を考えなさい。とくに、教育の情報化や育成すべき人材像をふまえて、必要とされる教師力の視点から具体的に説明せよ。
    1.社会の変動と教育の対応
     社会は農業社会から工業社会へ、さらに情報社会を経て、21世紀は「知識基盤社会」へと移行しているが、それぞれの社会に対応した仕事の出来る能力が必要である。またそれぞれに特性や対象は異なっており、伴って必要な知識をどのように習得するか、あるいは伝承するかも異なってくる。現代は「生涯教育社会」ともいわれ、様々な情報にアクセスする機会や、教育を受ける機会は、これまでのどの社会と比べ格段に広がっている。学ぼうと思えば、通信教育や放送大学、マスコミ・出版・インターネットなどの情報を媒体として、いつでも、どこにいても学ぶ事が出来る。こうしたIT技術の進歩が今後の教育方法に大きな革新を起こしていく事が考えられる。教育制度はこのような変動社会に充分に対応する事が望ましい。
     このような時代背景にあって、OECD(経済協力開..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。