【佛教大学 通信課程 2015】 S0101教育原論 第1設題

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数235
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    本稿作成者は全課程修了済です。

    基本的にはテキストの内容をまとめていますが、
    一部参考資料等からの抜粋、私見を含みます。
    ※設題内容をご確認の上ダウンロード願います。
    ※コピペ提出の危険性を十分ご理解の上で参考資料としてご活用ください。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    S0101 教育原論
    【第1設題】
    ペスタロッチーの教育学(直観の原理など)について考察せよ。
    ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチー(1746~1827)は、スイスの教育思想家であり、実践家でもある。彼の教育の実践は主として初等教育段階のものであったが、彼により教えを受けたフリードリッヒ・フレーベル、ヨハン・フリードリヒ・ヘルバルトらの活躍により、その後幼児教育へと応用、さらに教育学として大学教育への発展へと展開し、現在の初等教育の基礎となっている。
    また、彼は一般に「民衆教育の父」と称えられているが、それはフランス革命後の混乱の中、貧困の救済事業を生涯の使命であるとし、1774年設立の貧民院(貧民学校)を皮切りに、それまで富裕層や上流階級のものであった教育を労働力として集められた貧民や一般民衆の子どもたちに対して初めて実践し、教育を通じて自活する能力を身につけさせるなど、子どもたちの人格形成を含めた組織的な教育活動を展開したからである。そこでペスタロッチーの教育思想を以下に述べる。
    西洋における伝統的な教育観では、子どもの本性は外部からの刺激による経験で初めて観念を得ると考えられてい..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。