佛教大学 Z1110 教育相談の研究(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数309
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    レポート作成の際に、参考にして頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『学校における各種指導(教科指導、生徒指導、進路指導、特別活動等)と教育相談(学校カウンセリング)の関連について論じなさい。』
    カウンセリングの原点は、牧師との相談にあるとされる。牧師は単に人の悩みを表面的に解決するだけでなく、その人の内面に深く立ち入り、自己を深く見つめ直させることにより、その人本来の自己を見つけ出す手助けをするからだそうだ。
    カウンセリングは大きく分けて、①治療的カウンセリングと、②発達援助的カウンセリングの二種類がある。まず、それぞれのカウセリングの特徴について述べたい。
    ①治療的カウンセリング
    このカウンセリング方法は、専門的な知識と技術を用いて、患者の症状や病気を治療するという専門的カウンセリング(プロフェッショナルカウンセリング)といえる。対象となるのは神経症などを患っている患者である。神経症で患者に悩みが生じるのは、自我の中で意識よりも無意識が強く、かつ意識で決定された行動と無意識で決定された行動にずれが生じた場合である。こういった患者に対して用いられるのが、「精神分析的カウンセリング」である。意識と行動に不一致が生じた時、自我の中の無意識を意識化すること..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。