佛教大学 Z1104 教育社会学1(A判定)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数8
閲覧数494
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    2012年度合格分(A判定)です。
    レポート作成の際に、参考にして頂ければ幸いです。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題:『学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べてください。』
    Ⅰ学歴社会とは何か。
    学歴社会とは、「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉である。学歴社会については、古くからさまざまな批判がなされており、低学歴者(高等教育を受けていない人)が成功すると大きな話題として取り上げられるのは、人々の学歴社会に対する考えを表現しているといえる。しかし、学歴社会とは、本当に批判の対象でしかないのだろうか。客観的に学歴社会を考察してみると、学歴社会になっていく必然性が理解できる。
    学歴社会の始まりは、明治時代にある。江戸時代の士農工商のような身分世襲制の時代は、それぞれの身分に適した知識・技能等が異なる教育機関で教えられ、父親と同じ身分に何の疑いもなく参入していた。しかし、富国強兵に代表される欧米へのキャッチ・アップを意図した国家目標の達成のため、明治政府はリーダーと成り得る存在を安定的に養成する目的において学歴社会・主義を採用した。学校という場にできるだけ広い諸階層の子どもを集め..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。