聖徳大学_成人看護_第2課題第1設題(評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数420
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】国の対策として2008年度からメタボリックシンドロームの予防や早期発見のための提言をしているが、それらについてあなたの考えを述べてください。
    【評価】A(課題を理解し、自分の考えをしっかり述べているとのコメント)
    【テキスト・参考文献】
    健康マネジメントBOOK 監修:柳川洋 東京法規出版
    養護教諭のための看護学 編者:藤井寿美子・山口昭子・佐藤紀久榮 大修館書店

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2課題 第1設題
    生活習慣病とメタボリックシンドローム
     生活習慣病とは、悪い生活習慣の積み重ねによって引き起こされる病気で、「糖尿病」「高血圧」「肥満」「脳卒中」「心臓病」が代表である。生活習慣病は日本人の生活スタイルの変化/欧米化により増加しており、現在、日本人の死亡原因の約3分の2を生活習慣病が占めている。
     メタボリックシンドロームとは、生活習慣病予防のための指標として近年注目されており、内臓脂肪型肥満に加えて「高血糖」「高血圧」「脂質異常」のうちいずれか2つ以上を併せもつ状態のことである。症状の重複は動脈硬化を進行させ、命にかかわる病気を招くこともある。
    日本の政策
     厚生労働省は..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。