聖徳大学_教育方法学_第1課題第1設題(評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数759
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】教職を希望する者にとって、教育方法学の理論と実践はどのように役立つと考えるか論述しなさい。
    【評価】A(課題に即して、自分なりの視点から整理し論述されているとのコメント)
    【テキスト・参考文献】
    教育方法学 佐藤学 岩波書店
    教育方法学(学習指導書) 聖徳大学通信教育部

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    はじめに 〜教育方法学とは〜
     教育方法学は、教育目標を効果的に達成しようとするための教育理論一般を意味する「広義」の教育学と、授業の実践的・技術的な原理を意味する「狭義」の教育学の中間に位置する。
     教育方法に関する研究や理論は、「授業」「学習」「カリキュラム」「教師」「教室経営」、さらに近年では「情報•メディア教育」などを様々な領域から構成されており、教育方法学は、教育現場で直面する様々な課題を研究する、包括的な学問であるといえる。そして、現代の教育方法学は、単なる形式的な理論•技術だけではなく、学校現場で生じる様々な課題に即した「教育実践の学」として発展をはじめており..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。