聖徳大学_基礎看護_第1課題第1設題(評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数461
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】看護の概念、対象を踏まえて、学校における看護活動の特質、養護教諭として看護を学ぶ意味について考察しなさい。
    【評価】A
    【テキスト・参考文献】最新看護学ー学校で役立つ看護技術 中桐佐智子・天野敦子・岡田加奈子 東山書房

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第1設題
    1.はじめに (看護の概念・対象について) 
     「看護」には様々な定義が存在するが、国際看護師協会(ICN)における看護の定義は以下のようである。
    “現にある、あるいはこれからおこるであろう健康上の問題に対し、個人・家族および集団に向けて行う支援”(※参考文献は別記。一部、文言を変更)
     この定義から「看護」とは以下のとおり幅広い意味をもった概念であることがわかる。
    ・看護の対象には、「現在の健康問題」だけではなく「未来の健康問題(疫病の予防・健康の保持増進・ターミナルケア等)」も含む
    看護の対象には、あらゆる健康レベルの人が含まれる
    ・看護のアプローチは、健康問題を抱える..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。