聖徳大学_教育相談_第2課題第1設題(評価A)

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数314
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    【課題】2つの設問とも答えなさい。
    ①くり返し、または再述とさぐり(探索)について説明しなさい。
    ②感情的内容への対応について、説明しなさい。
    【評価】A(設題のポイントをよくとらえ、まとまっているとのコメント)
    【テキスト・参考文献】カウンセリングのすすめ方 中西信男・那須光章・古市裕一・佐方哲彦 有斐閣新書

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1


    課 題
    第 1 設 題
    ① .
    く り 返 し 、 ま た は 再 述 と さ ぐ り ( 探 索 ) に つ い て
    説 明 し な さ い
    [
    く り 返 し
    、 ま た は 再 述
    ]
    く り 返 し
    と は 、 来 談 者 の 発 言 全 体 、 あ る い は そ の う ち
    の 一 部 を も う 一 度 カ ウ ン セ ラ ー が く り 返 す こ と で あ る 。
    こ の 技 法 は 、 ク ラ イ ア ン ト が 「
    事 実 関 係

    感 情 的 内 容 で
    は な い

    」を 述 べ た 際 の 応 答 と し て 、し ば し ば 用 い ら れ る 。
    く り 返 し に は 、 カ ウ ン セ ラ ー が 来 談 者 の 話 を 正 し く 理
    解 し て い る こ と を 示 す と 同 時 に 、 来 談 者 自 身 が 、 自 分 の
    言 っ た こ と を 反 省 す る 機 会 を 与 え 、 自 己 理 解 を 促 す 意 味
    が あ る 。 し か し 、 く り 返 し 手 法 を 用 い す ぎ る と 「 こ だ ま ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。