佛教大学 S0106 教育社会学 第2設題 レポート 2012・2013年度対応 合格済!!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数1,036
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0106 教育社会学 第2設題 のレポートです!
    (合格済、A判定!)

    参考文献:2012・2013年度シラバス 指定テキスト
           「教育の比較社会学〔増補版〕」 
           原清治/山内乾史/杉本均 編著 (学文社)

    設題:学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的    不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べ    て下さい。

    レポート作成の参考にどうぞ☆

    *注意
    2012年から酷似しているなどのレポートを判別できるシステムが新しく導入されたらしいので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さいね☆

    ちぇりる☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第2設題
    学力低下とは何かを明らかにし、社会階層のような社会的不平等と学力がどのような関わりをもつのかについて述べて下さい。
    学力低下とは
    学力低下とは、「学ぶ」「勉強する」ということへの価値付けの低下によって、学習意欲が低下することの結果といえる。
    学力低下に関してはさまざまな議論が展開されている。学力低下自体は昔からさまざまな形で繰り返し議論されてきたことであり、目新しいことではない。しかし、現代においては、我が国の子どもの学力低下に関する具体的な国際比較や、時系列的なデータが示されたのと同時に、教育現場で教育に携わる関係者の実感に非常にフィットしたことが、社会において大きな教育問題のひとつとして議論されている所以であると考えられる。
    しかし現代の学力低下論はこれまでの議論と明らかに質が異なっている。
    現代の学力低下論において新しい世代の学力が前の世代の学力に及ばない、縮小生産の過程が始まったのではないかという疑念があるところに、根本的かつ深刻な問題がある。
    こういった疑念の根本にあるのは、「学ぶ」「勉強する」ということに対する価値付けの低下である。表面的な現象としての学力低下の問..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。