佛教大学 S0106 教育社会学 レポート 2012・2013年度対応 合格済!!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数755
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0106 教育社会学 のレポートです!
    (合格済、A判定!)

    参考文献:2012・2013年度シラバス 指定テキスト
           「教育の比較社会学〔増補版〕」 
           原清治/山内乾史/杉本均 編著 (学文社)

    設題:学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教    育はどのように変化するのかについて学力の視点から述     べて下さい。

    レポート作成の参考にどうぞ☆

    *注意
    2012年から酷似しているなどのレポートを判別できるシステムが新しく導入されたらしいので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さいね☆

    ちぇりる☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1設題
    学歴社会とは何かを明らかにし、高学歴化が進行すると教育はどのように変化するのかについて学力の視点から述べて下さい。
    1.学歴社会とは
    学歴社会とは「社会における社会的・職業的地位などの配分の基準として学歴が重きを占める社会」を意味する言葉であると考えられる。
    つまり当該社会の社会的・職業的地位を決める主たる基準のひとつが学歴であるような社会のことを指す。
    ここで重要なことは、学歴社会がただ単に教育を重視する社会ではない、ということである。教育を重視するという意味以上のものが、学歴社会のなかの教育にはあるといえる。
    学歴社会に対しては、さまざまな批判がされてきた。就職・昇進や結婚と関係した大学間格差の存在や、学歴による差別に対する批判はその代表的なものである。
    学歴社会の出来上がった要因として挙げられるのは、明治時代「富国強兵」という国家目標を達成するために、幅広い分野において相当数のリーダーが必要であり、そのリーダーを質量両面で安定的に養成するための効率的な人材養成・登用のシステムが必要であった。この必要性を満たすものとして考えられたのが学歴社会・主義だったのである。
    学校と..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。