佛教大学 S0529 特別活動研究 レポート 2012・2013年度対応 合格済!!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数742
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0529 特別活動研究のレポートです!
    (合格済♪♪)

    参考文献:2012・2013年度シラバス 指定テキスト
           「深く考え、実践する特別活動の創造〔第2版〕:自己        理解と他者理解の深まりを通して」 
            原清治/檜垣公明 編著 (学文社)

    設題:特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その    特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひと    つ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明    して下さい。

    レポート作成の参考にどうぞ☆

    *注意
    近年酷似しているなどのレポートを判別できるシステムが新しく導入されたらしいので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さいね☆

    ちぇりる☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    特別活動において学校行事が果たす役割を整理し、その特質をよく表していると思われる学校行事の活動例をひとつ示しながら指導する際に注意すべき点を具体的に説明して下さい。
    特別活動における学校行事の役割
    小学校の特別活動の活動内容は学級活動、児童会活動、クラブ活動、学校行事の4つである。
    その目標は「望ましい集団活動を通して、心身の調和のとれた発達と個性の伸長を図り、集団の一員としてよりよい生活や人間関係を築こうとする自主的、実践的な態度を育てるとともに、自己の生き方についての考えを深め、自己を生かす能力を養う。」である。
    すべての内容は集団活動を通して活動を展開していくという大きな特質をもっている。他の教科・領域の中でも集団活動が展開されることがあるが、望ましい集団活動を活動の展開の全面に打ち出しているのは、特別活動の特質の重要な点である。
    望ましい集団活動の条件(「小学校学習指導要領解説 特別活動編(2008)」には、互いのよさを認め合うこと、活動の目標や達成するための方法について共通理解し協力して実践できることなど、特別活動を通して自己理解、他者理解を深め、好ましい人間関係を形成..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。