佛教大学 S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等) レポート 2012・2013年度対応 合格済!!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数7
閲覧数774
ダウンロード数14
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0532 生徒指導・進路指導の研究(初等)
    のレポートです!(合格済)

    参考文献:2012・2013年度シラバス 指定テキスト
           「これからの教師と学校のための教科外教育の理論         と実践Q&A」(ミネルヴァ書房)

    設題:小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意    しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあ    げて説明して下さい。



    レポート作成の参考にどうぞ☆

    *注意
    2012年から酷似しているなどのレポートを判別できるシステムが新しく導入されたらしいので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さいね☆

    ちぇりる☆

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
    小学校において教育相談を行う場合、どのような点に注意しなければならないか。いじめ・不登校のいずれかをとりあげて説明して下さい。
    教育相談とは
    教育相談は、一人一人の児童・生徒の教育上の諸問題について、本人またはその親、教師などに、その望ましい在り方について助言指導することであり、個人のもつ悩みや困難の解決を援助することによって、その生活によく適応させ、人格の成長への援助をはかるものである。
    教育相談はすべての子どもたちに対して行われるべき活動であり、その目的である生活への適応と人格的な成長のために、子どもたち一人ひとりを理解して、日常的に行われる個性を伸ばすための教育活動である。
    そしてこの活動は、本人やその親、担当教員、カウンセラーが相互に働きかけあって行われるべきである。
    不登校問題について
    深刻問題となっている不登校現象は「学校離れ」現象ともいえる。
    この現象の背景には、欠席はしていないが登校回避感情をもつ「グレーゾーン」の子どもの存在が大きい。このような潜在的不登校群の子どもたちが、日常の些細な葛藤や不満感をきっかけとし、登校を「拒否」する形で学校から退いてしまうのである..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。