佛教大学 S0615 家庭科概論 レポート 2012・2013年度版  合格済!

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数999
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    佛教大学 S0615 家庭科概論のレポートです!
    (合格済!!)

    参考文献:2012・2013年度シラバス 指定テキスト
           「新版 家庭科概論」 
           大塚眞理子・加地芳子 編著(佛教大学)

    設題:

    自分自身の生活のなかで改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。


    レポート作成の参考にどうぞ☆

    *注意
    2012年から酷似しているなどのレポートを判別できるシステムが新しく導入されたらしいので、本レポートをそのまま提出しないよう、気をつけて下さいね☆

    ちぇりる

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    設題
     自分自身の生活の中で改善の必要を感じる課題を1(または2)点取り上げ、どのように改善すればよいかについて、テキスト(文献)から学習したことを記述しなさい。また、改善を実行・実践した上で考えたことを述べなさい。
    現在の我々の家庭生活は、高度経済成長期を経てとても便利な世の中になった。店頭では有り余るほどの商品が並び、物質的にも豊かになり、欲しいものがないことはないのではないかとさえ感じさせられる。その反面、その便利さに頼りきっているために、生活の中で自分たちの力で快適に暮らしていこうとする工夫をしなくなった人々は多いのではないだろうか。今では「夏の暑い日は冷房で部屋を冷やす」というのが当たり前になっている。しかしエアコンがまだ普及されていない時代は、「気持ちの良い風を取り入れて涼む」というのが普通だった。暑かったらエアコンをつけるという生活習慣の親元で育った子供は汗腺が発達しないため、外界の気温変化に対応出来なくなり、脳の温度が42度にもなり熱中症で志望するケースや、また体温を下げるために必要な汗を汗腺がかいてくれないために体の熱を産生しないように「基礎代謝」を低くして熱が出ない..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。